僕への「好き」があふれて止まない6つ年上の家庭教師

スレンダー

当時俺はまだ●校生で、大手の家庭教師会社からやってきたMさんは国立大の学生だった。

今思えばあれは一生に一度の恋というか、本気だった気がする。最初から好みのタイプとは思ってたし、向こうも同じ気持ちだったと思う。

大事になってしまって申し訳なく思ってるし、今でもMさんとの日々を思い出してしまう。

 

PAGE TOP